【レビュー】新型のAmazon Fire TV Stickに買い替えました

LINEで送る
Pocket

Amazonプライム・ビデオやYoutube、NetflixやHuluなどがTVの大画面で楽しめる「Amazon Fire TV Stick」の新型をようやく購入しました。

旧型のリモコンではチャタリングに悩まされていたのでリモコンの買い替え程度の軽い気持ちでしたが本体側の仕様の変更、特にCPU周りが素晴らしく改善されており、操作感一つとってもFire TV Stickに対する印象が大きく変わりましたので詳しくレビューしてみたいと思います。

※Amazonプライム・ビデオを楽しむにはAmazonプライムに加入している必要があります。
※NetflixやHuluは別途契約が必要です。

 

まずは開封

 

パッケージです。色んな動画サービスに対応していることが分かると思います。
ここでは分かりませんが今話題のスポーツ動画サービス「DAZN」も対応しています。
IMG_0339

 

裏側はこんな感じです。
基本的にネットで買うので購入前にパッケージを見ることはないと思いますがなんかちょっと手抜き感が(笑)
IMG_0340

 

本体上部の開封箇所は開けやすくなっています。
IMG_0341

 

箱の中身です。シックな落ち着いた感じです。
IMG_0342

 

中身は非常にコンパクトにまとめられています。
内容物は本体、リモコン、リモコン用単4電池2本、HDMI延長ケーブル、電源用USBケーブル、USBアダプタ、説明書となっていますが、これでもかっていうぐらい仕切られてバラバラにならないように出来ています。
IMG_0343
IMG_0344

 

旧型のケーブル類を使い回そうと考えていますので本体とリモコン、それにリモコン用電池だけ取り出しました。
IMG_0345

 

旧型と新型の比較です。
左側が旧型、右側が新型ですがリモコンも本体も大きくなってますね。IMG_0421

IMG_0420

 

ここからは説明書を読まずにセットアップしてみます。
ひとまずこれまで使っていた旧型をテレビから外し電源用USBケーブルを新型に挿し直して、新型の本体をTVに繋げてHDMIに切り替えると・・・すぐに画面が出てきました。IMG_0424
IMG_0346

 

Wi-fiの設定もルーター側が簡単設定に対応しているとボタン一つで済みます。
新型は802.11acに対応しているのでちゃんと5GHz帯のアクセスポイントに接続出来ました。
IMG_0349
IMG_0416

 

Fire TV Stickを購入したAmazonのアカウントが最初から本体に適用されているので何も入力することなくあっという間に使えるようになりました(笑)
ホーム画面のレイアウトもガラリと変わっていて新しくなったのだと感じることが出来ます。
IMG_0350

 

このあと視聴制限やプライバシー設定をチェックしたりNetflixやYoutubeなどよく使うアプリをダウンロードしてとりあえずセットアップが完了しましたが買い替え組の方であれば最後まで説明書は読まずに済むと思います。

ちなみにちょっと窮屈ですが旧型のリモコンも本体も新型の箱の中にちゃんと納まるので旧型の箱を捨ててしまった方も安心です(笑)
IMG_0364

IMG_0365

 

次は実際に使ってみた感想を。

 
 

実際に使ってみて

 

レビューではさかんに「動作がサクサク」と言われていますが本当のところはどうなんでしょうか、早速試してみました。

 

・リモコン
まずは旧型の苦い経験を踏まえてリモコンの動作チェックから。

旧型のリモコンは最初から右キーがおかしかったのですが今回のは全て大丈夫でした(笑)
ボタンも旧型の硬いプラスチックのボタンからゴムに変わったので非常に押しやすいです。
ファミコンの逆パターンですね。
IMG_0419

 

・操作感
映画やTV番組のタイトルをガンガンスクロールしてみても旧型のようにモッサリせずに快適に動きます。
全くストレスを感じません!これは・・・最高です!
僕が欲しかったのはこういうのです(笑)

 

・音声認識
音声認識も試してみましたが何の問題もなく聞き取ってくれます。
Huawei MediaPad M3やiPhone7でも感じますが最近のデバイスの音声認識はラフな感じで話しかけてもちゃんと認識してくれるので凄いですね。

音声認識を使うにはマイクの絵が描いてあるボタンを押しっぱなしにして話しかけます。
IMG_0356

ちなみに音声認識ボタンの使い方はちょっとややこしくて、話しかける前にボタンを押しっぱなしにする→ピロンと音が鳴るまで待つ→音が鳴ってもボタンを押したまま話しかける→話し終わったらボタンを離す→ボタンを離して音が鳴ったら認識完了、という流れになります。

ボタンを押してすぐに離してしまうと画面に「押しっぱなしで話しかけて~」的なメッセージが出るのですぐに分かると思います。

この音声認識ボタン、精度も高く非常に便利なのですが現時点ではAmazonの検索にしか使えず、YoutubeやNetflixの検索で使用しても全てAmazonの検索結果が表示されます。
他のアプリを使っている時はそのアプリの検索に使用出来れば入力の手間が省けて楽チンなんですけどねー。

 

・Amazon以外のアプリ
AmazonだけでなくNetflixやYoutubeなど他のアプリの使用感も旧型と比べて向上していると感じます。
正確に計測はしていませんがNetflix一つをとってみても起動そのものがかなり速く感じますし、アプリ起動後もAmazonのインターフェイスと同じくサクサク動かすことが出来て非常に気持ち良いです。

↓Netflixの起動画面ですがこの時の待ち時間が短くなった気がします。
IMG_0363

 

・通信
我が家ではルーターから2mぐらいの位置にテレビを置いており、間に遮るものが何もない状態でFire TV Stickを使用しています。
通信に関しては環境も影響するので安易なことは言えませんが今のところ新型で視聴している時に通信の遅延や切断は発生しておりません。
以前旧型を使用していた時はたまに遅延が発生していたので新型のほうが快適に接続出来ていると思います。

 
 

新型のFire TV Stickは旧型と比べて操作性が大幅に向上し、通信の品質改善や精度の高い音声認識を備えたことにより全体的にストレスなくスムーズに使えるようになったといった印象です。

実は旧型に関してはリモコンの不具合も含め操作に対する不満や通信状態に対するイライラが結構溜まっていましたので誰にでもオススメ出来る商品かと言われると正直微妙かも・・・と自分でも思っていましたので当ブログでは取り上げていませんでした。

新型Fire TV Stickは細かい不満点はあるものの上述の通り旧型の不満点が全体的にブラッシュアップされているので性能的には文句なしにオススメ出来る商品だと思います。

 

買う価値・買い替える価値

 

実はAmazonには今回紹介した新型のFire TV Stickだけでなくより高性能な据え置き型の「Fire TV」もあります。
Fire TV Stickに比べてハードウェアの性能が高く、MicroSDカードも使用可能、通信も無線LANだけでなく有線LANも使えるのでより安定して使うことが出来ます。

この「Fire TV」も含めての購入オススメパターンを考えてみました。
Amazonプライムに加入していることが前提となりますが参考になりましたら幸いです。

まだFire TV StickやFire TVを持っていない方
・HDCP 2.2対応の4Kテレビを使っている方
→据え置き型のFire TVがオススメです。4Kコンテンツはまだ少ないですが徐々に増えてくると思いますし、Fire TV Stickよりもハード的に性能が上なのでストレスなく快適に使えると思います。

・ハイビジョンテレビを使っている方
→新型のFire TV Stickがオススメです。将来的に4Kテレビの購入予定がある方は判断が難しいですが欲しい時が買い時だと思いますので今必要と思う方を買っちゃって下さい(笑)

 

すでにFire TVを持っている方
→今のままFire TVをご利用下さい。Fire TVのほうが出来ることが多くハードの性能も上なのでFire TV Stickに買い替える必要性は全くありません。

 

すでに旧型のFire TV Stickを持っている方
・HDCP 2.2対応の4Kテレビを使っている方
→据え置き型のFire TVへの買い替えがオススメですが現時点で特に不満が無いのであればいずれ発売される次の型を待つのが一番いいかと思います。

・ハイビジョンテレビを使っている方
→このパターンの方が一番悩んでいると思います。色々変わったとは言っても基本的に出来ることは変わらない訳ですから僕も正直買い替えるほどのものかどうかずっと悩んでいました。

が、新型に慣れてしまった今となってはもう二度と旧型を使う自信はありません(笑)
「買い替え」になるので誰にでもオススメ出来るわけではありませんが旧型の操作に一度でもイライラしたことがある方は思い切って買い替えてしまうのも有りだと思います(笑)

 

商品名:Fire TV Stick
メーカー:Amazon

【良い点】
・動作がサクサク
・音声認識の精度が高い
・802.11ac対応で通信が速い
・リモコンは大きくなって邪魔かと思ったけど握りやすくなったので「良い点」に(笑)

【気になる点】
・保証が旧型の1年間から90日に短縮
・音声認識がAmazonの検索にしか使えない



↑Fire TVはHDMIケーブルが付いていないのでご注意下さい。

 
 

【番外編】Amazonプライムの付加価値

 

僕が通販サイトとしてAmazonを利用するのは仕事用のものも含めて多くて月に二、三回程度ですので送料のことを考えてAmazonプライムに加入して年間3,900円の料金を払うのは正直微妙なところなのですが、僕にとってのAmazonはすでに単純な通販サイトという括りから抜け出して今や動画配信サービス(プライム・ビデオ)や写真保存サービス(プライム・フォト)として欠かせないものになっていますので全く惜しくないと考えています(笑)

特に写真保存サービスは秀逸でAmazonプライムに加入しているだけで容量無制限・非圧縮でRawファイルを含む、画像ファイルが何枚でも保存出来るというサービスが付いてくるのですから、ちょっとあり得ないサービスだと思っています。

この写真保存サービス、意外と知られていないのでこの場を借りてちょっと布教してみました(笑)が、デジカメやスマホで撮った写真(Rawファイル含む)のバックアップに困っている方にとってはこれだけでもAmazonプライムに加入する価値があると言っても過言ではないと思います(笑)

Amazonプライムに加入すれば今回紹介しましたFire TV Stickもフル活用出来ますし、写真保存サービスも付いてくるのでこの機会に如何でしょうか。
※対応しているRawファイルのフォーマットに関する情報はAmazonのサイトをご確認下さい。

 

執筆:OKG

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク


関連コンテンツ

家電infoは家電業界に携わるスタッフが立ち上げた「電化製品を中心に身の回りの物など気になる商品のレビューや情報をお届けする」サイトです。 別名物欲info。
レビュー 男性 三十代 独身 ニュース 家電 既婚 スマホ 小物 bluetooth デジカメ シャープ 釣り キッチン イヤホン パナソニック シマノ 四十代 SoundPEATS コラム ソニー ヘッドフォン 五十代 安い オリンパス NETFLIX 磯竿 iPhone Apple Music Android 冷蔵庫 リール おもちゃ キーボード レンズ アプリ #家電あるある 女性 便利 ASUS 比較 炊飯器 象印 アウトドア 二十代 Zenfone2 洗濯機 LED 照明