砥石よりも簡単に包丁の切れ味が蘇る貝印のシャープナー AP-0308

LINEで送る
Pocket

切れない包丁

 

結構前から料理にハマっておりまして今では週の半分ぐらいは包丁を握って自分で料理しております。

今でも某レシピサイトを見ながら作っているので味付けも調理方法もまだまだ身についていませんし、段取りが下手なため一度に二品作るのがやっと・・・という有様ですが、仕事で疲れて家に帰ってからでも料理を作ろうと思えるぐらいに楽しんではいます(笑)

包丁は3年ほど前に購入した貝印の三徳包丁をずっと愛用しております。
価格もお手頃でサイズ的にも丁度良く使い勝手がいいので気に入ってはいますが月に一回ぐらいは砥石で研がないと切れ味が悪くなってしまいます。

気が付いたら時間を見つけて砥石でシャーシャー研いでいますが日々使っていると「包丁を研ぐ」タイミングが難しく切れない包丁で無理やり調理することもしばしばです。

 

切れ味を元通りに

 

ズボラな自分が悪いのですが切れない包丁で調理するというのはストレスも溜まるしなによりも使っていて危険だと思いまして、簡単にサッと研げて買った時のような切れ味に戻せる魔法のようなシャープナーが無いかと色々探してみました。

色んなメーカーからお手軽で使いやすそうなシャープナーが出ていますので比較検討してみましたが個人的に「お手軽で使いやすそうなシャープナー」というものに対してあまりイメージが良くなく、結局はダメ元で包丁と同じく貝印のシャープナーを選択してみました。

刃物メーカーが作っているシャープナーなので少なからず他の製品と比べてマシなのではないかと考えての購入でしたがその結果はいかに!?

 

シャープナーを使ってみた後

 

アマゾンのほうが近所のホームセンターよりもかなり安かったのですがすぐに使ってみたかったのでホームセンターで購入しました。

パッケージの裏に「セラミックとチタンの包丁には使えない」と書いてありましたが僕が持っている貝印の包丁はステンレス製なので大丈夫でしょう。

モノはこんな感じです。比較対象を置いてないので大きさが分かりづらいですが13~4㎝ぐらいでしょうか。
IMG_0197

 

中身が透明のカバーで覆われているので引っ張り出して使います。
IMG_0198

 

使う手順としてはカバーから引っ張りだした本体に記載されている数字の1番から順に3番まで包丁を差し込んで矢印の通りに手前に引いていくだけでOKです。※水は不要です。また引くだけでOKなので押さなくて大丈夫です。
IMG_0206

 

引く際は包丁の曲線に合わせて垂直に当たるような感じで先端の丸くなっているところは傾けながら引いていくと綺麗に研げると思います。

1番と2番は十回ずつ、3番だけは五回でOK。
IMG_0207

 

手順としてはこれだけでOKですが切れ味がひどくなっている場合は一セットだけではなく二セットぐらいやったほうがいいかもしれません。

僕も初めて使った時は二セットやりましたがそのあとテストを兼ねて最近切る時に潰れがちだったトマトを輪切りにしてみた結果、テレビの料理番組みたいにサッサッサッと最後までスムーズに切れたので効果は抜群だと思いました(笑)

また切れない包丁で鶏肉や豚バラのブロックなど皮が付いてるお肉を切ろうとすると皮の部分に刃が入らず、無理やり力を入れて切ろうとすると皮と肉が分かれちゃうことがあると思いますが研いだ後の包丁だと何の抵抗もなく皮にも肉にも包丁が入っていったので非常に気持ちよかったです。

ちなみに研ぎ終わった後はシャープナー本体から削れた粉が出るので念のため包丁はちゃんと洗ってから使用したほうがいいと思います。

また底に滑り止めのゴムが付いているので作業する時に滑る、ということはありませんでしたが勢い良く包丁を引くとシャープナーから包丁が離れた時に重みで包丁が下がってしまい机の上に当たってしまうことがありましたのでしっかりと包丁を持ってゆっくり引いたほうが安全です。

 

価格の価値は

 

このシャープナーを使ってみて正直これまでシャープナーというものに抱いていたイメージを良い意味で裏切られました。

今回使用した包丁とシャープナーが同じメーカー(貝印)のモノなので組み合わせ的に最高の結果が出てるだけで他の包丁に対して同じ結果が出るかどうかは分かりませんが、少なくとも僕が使っている貝印の包丁に対しては間違いなく効果がありましたので個人的には大満足でした。

もちろんちゃんと研げばもちろん砥石のほうがよく切れるようになると思いますが家庭で使う分には研ぐのが億劫にならないこういう手軽に使えるシャープナーのほうが向いているのかなと思いました。

価格はアマゾンで1300円弱で売られていますが包丁によってはこのシャープナーよりも安く買えるので新たにシャープナーを買うよりも包丁を買い替える、いう選択肢も有りかと思います。
ただ切れ味が悪くなったからと言って毎回包丁を買い替えるよりかはこのシャープナーを買っていつでも研げるようにしといたほうが断然経済的かと思います。

切れ味の良い包丁を使うことによって日々の料理がさらに楽しくなりそうです(笑)

 

商品名:関孫六 ダイヤモンド&セラミックシャープナー(両刃用)
メーカー:貝印
型番:AP-0308


【良い点】

・ちゃんと切れ味が復活する
・使い方が分かりやすい
・使わないときはコンパクトにしまえる
・水も要らない
・滑りにくい

【悪い点】
・研いだ後にちょっと粉が出る

※今回紹介したシャープナーは両刃用です。

※こちらは片刃用。

※こちらは波刃用。

↓現在愛用しているお手頃価格の貝印の包丁

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

家電infoは家電業界に携わるスタッフが立ち上げた「電化製品を中心に身の回りの物など気になる商品のレビューや情報をお届けする」サイトです。 別名物欲info。
レビュー 男性 三十代 独身 ニュース 家電 既婚 スマホ 小物 bluetooth デジカメ シャープ キッチン 釣り パナソニック イヤホン シマノ 四十代 コラム SoundPEATS ソニー 安い ヘッドフォン 五十代 オリンパス Apple Music リール 磯竿 おもちゃ 冷蔵庫 #家電あるある キーボード レンズ Android NETFLIX ASUS iPhone 便利 比較 女性 二十代 kddi ドコモ 象印 炊飯器 洗濯機 LED 照明 Zenfone2