オリンパスユーザーにもオススメの中望遠レンズ LUMIX G VARIO 35-100mm/F4.0-5.6 ASPH./MEGA O.I.S

LINEで送る
Pocket

軽量・コンパクトな望遠レンズが欲しい

 

休日釣りに出かけていないときは大体オリンパスのOM-D E-M5 MarkIIにマクロレンズを着けて虫やら苔やらの撮影を楽しんでいます。

今現在、主に使っているレンズは以下のような感じです。

・LUMIX G MACRO 30mm F2.8(パナソニック)
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro(オリンパス)
ZUIKO 50mm F3.5 Macro(オリンパス、マウントアダプターで使用)
SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1(タムロン、ニコン用マウントアダプターで使用)

ラインナップがマクロに偏っているのが一目で分かると思います(笑)

一応30~90mmの焦点距離はカバー出来ているのですが広角側はオリンパスのパンケーキ型ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ 」しか持っていません。

このレンズ、写りはキレッキレという訳ではありませんがパンケーキ型ズームレンズなので非常にコンパクトかつ軽量です。
電源オンオフと連動する自動開閉キャップを着けるとコンデジ感覚で扱えるのでちょっとしたお出かけや散歩の時に便利で結構気に入っております。

マクロで撮影している時にはレンズの重さや大きさは全く気にならないのですがお出かけの時はなるべく軽量・コンパクトにしたいためこのパンケーキ型ズームレンズを持っていきますが最近ちょっと望遠側が物足りなくなってきました。

かといってお出かけ時にタムロンの90mm(400グラムオーバー&アダプター必要)を持ち歩くのもちょっと・・・と思い、コンパクトな中望遠ズームレンズがあれば一つ欲しいなぁと考えて調査を開始しました。

色々調べているうちにお出かけ用のレンズラインナップをどう構成するかも考えてみましたがとりあえず今回中望遠ズームレンズを購入、それと広角側は今持ってるパンケーキ型ズームか新たに12mmの単焦点レンズを購入するという組み合わせにしようと思いつきましたので今回はまずその第一歩となります。

ちなみに12mmという焦点距離は今まで一度も使ったことがありませんが他の方の作例などを見ていると非常にしっくりくるものが多かったので是非とも欲しいなと考えております。

話が逸れてしまいましたがとりあえず今回は中望遠ズームレンズのお話しです(笑)

 

2017年3月現在発売されている中望遠ズーム

 

今回はお出かけ用のためとにかく軽さとコンパクトさで選ぶという趣旨のもと、現在販売されているマイクロフォーサーズ用の中望遠ズームをリストアップしてみました。
・・・ブログのタイトルにレンズの名前をガッツリ書いてるので何を購入したかはすでにバレていますがしばらくお付き合い下さい(笑)

●中望遠ズーム
【オリンパス】

・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R(旧型有)

【パナソニック】
・LUMIX G X VARIO 35-100mm / F2.8 II / POWER O.I.S.(旧型有)
・LUMIX G VARIO 35-100mm / F4.0-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.
・LUMIX G VARIO 45-150mm / F4.0-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.
・LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm / F4.0-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.
・LUMIX G VARIO 45-200mm / F4.0-5.6 II / POWER O.I.S.(旧型有)

●高倍率ズーム
【オリンパス】

・M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II(旧型有)

【パナソニック】
・LUMIX G VARIO 14-140mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.(旧型有)

【タムロン】
・14-150mm F/3.5-5.8 Di III

 

こうやってみるとマイクロフォーサーズも中望遠ズームレンズだけでかなりの数が出ていますね。
サードパーティー製がタムロンしかないというのがちょっと寂しいですがオリンパス・パナソニックがかなり頑張っていますので種類は豊富だと思います。

今回は結果的に上記のレンズの中でも一番か二番目に安いレンズを購入しましたが最後の最後まで迷ったのがオリンパスの12-100mmと各社の高倍率ズーム。

12-100mmは市場の評価が非常に高く今回の用途である軽量・コンパクトとは対極をなすようなスペックにも関わらず12-100mmという焦点距離が僕の最終的なお出かけレンズセットを丸々カバー出来るということで本当に最後まで悩みましたが結局当初求めていたもの(軽量・コンパクト)と違い過ぎたのとどこにも在庫が無かったのですぐに買えないということで見送りました。価格も節約中の身としてはちょっと高すぎました(笑)

また各社の高倍率ズームもトータルでのコンパクトさという意味では大変魅力的だったのですが14mmスタートということで最終的に12mmのレンズがもう一個欲しくなると思いまして今回は見送りました。

最終的には中望遠ズームとは思えないぐらい軽くてコンパクト、色んなレビューを見ても価格以上と評価されている写り、そして焦点距離が僕が慣れている30~90mmをいい感じにカバーしていて使いやすそう、と僕にとっては言うこと無しの「LUMIX G VARIO 35-100mm / F4.0-5.6」を選びました!

ちなみに色はE-M5 MarkIIに合わせて黒にしました。

 

スペックと第一印象

 

メーカー発表のスペックは以下の通りです。

レンズ構成:9群12枚(非球面レンズ1枚、EDレンズ2枚)
マウント:マイクロフォーサーズマウント/金属マウント
画角:W(f=35mm):34°~T(f=100mm):12°
光学式手ブレ補正:対応(Gシリーズに準じたMODE切換えが可能)
焦点距離:f=35mm~100mm(35mm判換算 70mm~200mm)
最小絞り値:F22
開放絞り:F4.0(W端)~F5.6(T端)
絞り形式:7枚羽根、円形虹彩絞り
撮影可能範囲:ズーム全域で0.9m~∞(撮像面から)
最大撮影倍率:0.11倍(35mm判換算:0.22倍)
フィルター径:Φ46mm
最大径×長さ:φ55.5mm×約50mm(沈胴レンズ収納時)
質量:約135g
付属品:
レンズフード、レンズキャップ、レンズリアキャップ
※防塵防滴ではありません。

 

2017年4月時点で実売価格2万3000円前後とお手頃にもかかわらず金属外装・金属マウントのためしっかりした作りになっています。
金属外装&金属マウントにも関わらず重さは135グラムと非常に軽く、僕がよく使う30mmマクロ(180グラム)よりも軽いです。

最初に持った時には「本当に中望遠ズームレンズなの?」とビックリしました(笑)
ちなみにパンケーキ型ズームは93グラムほどなのでさらに軽く、2つ合わせてもわずか228グラムと缶コーヒー程度の重さという素晴らしい組み合わせです。

大きさは沈胴式のため収納時が一番小さく5cm、広角端で6.8cm、望遠端でも7.8cmというコンパクトさです。
実際にカメラに着けた状態を見ても中望遠ズームレンズには見えませんでした(笑)

↓実際にカメラにつけた写真がこちらです。
これは収納状態。この見た目は結構お気に入りです。
IMG_0116

こちらは望遠端まで伸ばした状態。バランスは悪くないと思います。
IMG_0119

他のレンズと並べて撮ってみましたがレンズキャップやリアキャップ、レンズフィルターの有無がバラバラなので全く参考にならないかもしれません(笑)

左から35-100mm(収納時)、30mmマクロ、60mmマクロです。
IMG_0111

こちらは35-100mmを望遠端まで伸ばした状態。
IMG_0113

 

ちなみに収納している状態では撮影できないため撮影時は一回レンズを繰り出す必要があります。
広角端まで来たときに不意に収納状態にならないためとは思いますが若干最初の繰り出し時と最後に収納する時の感触が固めです。
もしかしたら個体差があるのかもしれませんが個人的にはむしろこの動きのおかげで安心して使えています(笑)

 

使ってみました

 

以下の写真は今回購入したLUMIX G VARIO 35-100mm/F4.0-5.6で撮影した写真です。
腕とセンスは本来お見せできるようなものではないのですが参考用に恥を忍んでアップさせて頂きましたのでツッコミはご容赦下さい(笑)
当レンズは大体どの焦点距離でもF5.6まで絞ったほうが解像度が高いようですが今回は全て開放で撮影しています。
※画像をクリックすると等倍で閲覧出来ますがファイルサイズが大きいのでご注意下さい。

・100mm F5.6 1/25 ISO400
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・100mm F5.6 1/40 ISO400
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・100mm F5.6 1/320 ISO200
すぐ後ろに枝があるので二線ボケはどうしても出てしまいます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・60mm F5.3 1/320 ISO200
こちらは比較的綺麗にボケてくれました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・35mm F4.0 1/80 ISO200
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・100mm F5.6 1/100 ISO200(モノクローム)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

あと、参考用に当レンズの35mm開放と60mm開放をそれぞれパナソニックの30mmマクロ、オリンパスの60mmマクロと比べてみましたがいかがでしょうか。

●LUMIX G VARIO 35-100mm/F4.0-5.6
・35mm F4
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・60mm F5.3
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●LUMIX G MACRO 30mm/F2.8
・30mm F2.8
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・60mm F2.8
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今回は屋外で撮影してみましたが実際に撮った写真を見てみると特に中央のシャキッとした写りに驚きました。

もちろん収差だなんだと細かいところまで突っ込むと価格ナリ・・・という話になるかもしれませんが個人観賞用としては価格以上の満足感を得られるのではないでしょうか。

明るさ的に手ぶれが気になる方もいるかと思いますがレンズ単体での手ぶれ補正は3段分ぐらいとのこと。

レンズの手ぶれ補正優先で試してみましたが普段カメラ本体の手ぶれ補正に頼りっぱなしの僕の技術では屋外はともかく屋内の場合は結構慎重に撮影してやっと・・・という感じでした。
カメラ本体に強力な手ぶれ補正が付いている機種であればカメラ側の手ぶれ補正を優先して使ったほうが良いかと思います。

ボケに関してはこの明るさ&最短撮影距離(0.9m)なので大きなボケは難しいですが望遠端をうまく使えば結構ボケてくれました。
近い距離に枝や草があるとどうしても二線ボケが出やすくなりますがこれは撮り方を工夫するか我慢して使うしかないと思います。

オートフォーカスはオリンパスのカメラでもめちゃくちゃ速くて一瞬で合います。
マクロレンズはちょこちょこ迷ったりすることが多いのでその感覚のままこのレンズを使うとその速さに「えっ!?」となります(笑)
望遠側で平面にピントを合わせようとすると若干迷いますが一旦外せば大体合いました。

気になる点といえばスペックのところでも書きましたが防塵防滴ではないので使用する状況に多少気を使うという点と多分手ぶれ補正の駆動音が鳴っていることぐらいでしょうか。(静止画撮影であれば影響ありませんが動画撮影の際には影響があるかもしれません。)

 

最後に

 

恥ずかしながら今回マイクロフォーサーズ用の中望遠ズームレンズを調査するまでこのレンズの存在すら知らなかったのですが購入して本当に良かったです。
僕のニーズにピッタリすぎて嬉しさのあまりすぐレビューを書いてしまったほどです(笑)

レンズのスペックからすると誰にでもオススメ出来るわけではありませんがこのレンズの魅力(軽さや大きさ、焦点距離)に惹かれる方であればオリンパス・パナソニックユーザー関係無くオススメ出来るレンズだと思います。

逆に大きくぼかしたい方や暗いところでの撮影に使いたいという方、もっと長い焦点距離もしくは幅広い焦点距離を求めている方にとっては用途が合わないと思いますので第一候補としてはオススメ出来ませんがサブの気軽に使えるレンズとして持っておくのにはピッタリだと思いますのでそういう形でオススメさせて頂きます(笑)

 

商品名:LUMIX G VARIO 35-100mm/F4.0-5.6 ASPH./MEGA O.I.S ブラック
メーカー:Panasonic
型番:H-FS35100-K

【良い点】
・軽い(135g)
・コンパクト
・オートフォーカスが速い(オリンパスのカメラでも)
・広角側も望遠側もきっちり写る
・シンプルな見た目
・金属外装&金属マウント
・お手頃価格(シルバーのほうがさらに安い場合が多い。ただしDMC-GF7のダブルレンズキットをばらしたものも混ざってる可能性が有ります。)

【悪い点】
・しいて言えば沈胴式なので撮影時に繰り出さないといけないこと
・あまり寄れない(最短0.9m)
・防塵防滴ではない(価格を考えれば別に気になりません)


ちなみに2015年頃に発売されたパナソニックの「DMC-GF7」のダブルレンズキットにもこのレンズが含まれていますのでカメラ本体ごと欲しいという方はそちらのほうがかなりお得だと思います。(もうほとんど在庫が無いかもしれませんが)

またレンズキットに含まれていた影響からかオークションや中古カメラ屋にも新同品のレンズ(シルバー)が一万円前後で数多く販売されていますので気になる方はチェックしてみて下さい。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

家電infoは家電業界に携わるスタッフが立ち上げた「電化製品を中心に身の回りの物など気になる商品のレビューや情報をお届けする」サイトです。 別名物欲info。
レビュー 男性 三十代 独身 ニュース 家電 既婚 スマホ 小物 bluetooth デジカメ シャープ キッチン 釣り パナソニック イヤホン シマノ 四十代 コラム SoundPEATS ソニー 安い ヘッドフォン 五十代 オリンパス Apple Music リール 磯竿 おもちゃ 冷蔵庫 #家電あるある キーボード レンズ Android NETFLIX ASUS iPhone 便利 比較 女性 二十代 kddi ドコモ 象印 炊飯器 洗濯機 LED 照明 Zenfone2