通販で買えるダイワやシマノ以外でお勧めのリール

LINEで送る
Pocket

家電関連でなくて申し訳ございません。

 

お買い得なリールを発見!

 

先日カシオの腕時計のレビューにて釣りが好きということをカミングアウトさせて頂きましたが、釣り好きと言っても生活のすべてを釣りに捧げるという域にはまだ達していないため、釣り道具に使えるお金というのも限られてきます。

しかもしばらく海釣りをしていなかった&引っ越ししたため一通り海釣り用の道具を揃えなおす形になってしまったのですが、その中でちょっとお買い得なリールを見つけたので紹介させて頂きます。

 

台湾のOKUMAというメーカー

 

OKUMAというメーカー、釣りをする人でも聞いたことがないという方もいるかと思いますが、台湾のメーカーで国内の販売はエイテックが行っているようです。

台湾と言えば自転車製造、自転車と言えばシマノ、シマノと言えば釣り具ということでOKUMAも台湾の自転車製造の会社と関係があったりするのでしょうか?ちょっと調べてみたい気もします。

「台湾のメーカー」と聞くとクロスバイクやロードなどの自転車に乗ってる人やPCを自作する人、最近であればZenfoneなどのスマホを使ってる人は良いイメージを抱く人が多いのではないでしょうか。

 

コストパフォーマンスに優れたリール

 

今回レビューするこのリールも「台湾のメーカー」と聞いて納得できる品質です。

例えば2500番のスペックですがベアリングは各部合計で4つ、重量240グラム、最大巻上長67.5㎝、ギア比5.0:1という仕様で、ハンドルは左右取り換え可能、アンチリバースレバー、ドラグ、ナイロンラインも付いています。

見た目・質感はというと価格から想像すればワゴンセールで売られているような安っぽい銀色やプラスチックのリールをイメージするかと思いますが、実際は金属製で質感も安っぽくはありません。

また剛性も問題なく実際に使ってみれば分かりますが非常に安心して使えます。
(実際の材質等は不明ですので明言は避けますが中身をバラしてみたところ、造りに関しては価格以上の耐久性を持っていると思われます。)

 
スポンサードリンク

実際の使い勝手はどうなのか?

 

今持っているのはハゼなどのちょい投げ用に1500番、汎用で2500番、カレイ・キス用に4000番の3つで、基本海釣りですので塩水が掛かったり何かと汚れたりするのですが家に帰ってから軽く水洗いしてから乾いたタオルで水気を取り乾燥させてしまっておく、という手入れのみで問題なく使えています。

※汚れ具合や手入れの度合いによって問題の発生頻度は変わると思いますのであくまで個人の経験です。

巻き心地も購入した当初は若干硬かったのですがすぐに馴染んでそれ以降は今も変わらずヌルヌル巻けます。

全体的な使用感としては僕が長年お世話になっているシマノのエアノスレベルは充分あると思います。

もちろんステラやツインパワークラスとは比べられないですし、専門的なリール(投げ用など)にはどうあがいても使い勝手が劣ることは否めないですが、釣りをする人なら一つ二つ予備や貸し出し用に持っておいてもいいレベルのリールと思います。

余計な機能が無い分シンプルで使いやすいというのとナイロンラインが最初から付いている、また価格が非常にお手頃という点で初めての方が選択するリールとしても充分にお勧めできます。(汎用的に使うのであれば2000か2500番がお勧めです)

2015年5月現在で実際販売されている価格は1000~4000番台のものが2,000円台、それ以上が3,000円台(AMAZON調べ)という状況でしたので正直以前よりも一割程度高くなっていますがまだまだお買い得と思います。

AMAZONだけでなく他の通販サイトや上州屋などの釣り具屋さんでも店によっては置いてあるところがありますので探してみてはいかがでしょうか。

ちなみに今回紹介しているのは「サフィーナ」というシリーズで、それとは別に「セイバー」というシリーズもあるのですが、ナイロンラインが付いてない、カラーリングが違う(サフィーナは黒系、セイバーは銀系)といった点以外は多分共通の仕様です。

ですのでラインが要らない方やカラーリングの好みが違った場合はセイバーを購入されても問題ないかと思います。

※2015/10/23
本日セイバーのメンテナンス記事を掲載したのですがサフィーナのほうがドラグワッシャーが一枚少なかったことに気づきました。申し訳ございません。でも使っていても違いが分かりません(笑)

 

このスペックをこの価格で出されると…

 

と、べた褒めしたこのリールですがここまで競争力のあるエントリー向けの商品を作られてしまうと正直シマノ・ダイワといった国内メーカーもウカウカ出来ないのではないでしょうか。

釣り具メーカーも家電メーカーの一時期の凋落をなぞるようで怖いのですが、競争をもたらすという意味では良いことと思いますので、OKUMAのような海外メーカーの頑張りに対する国内メーカーの奮起を期待しています!

 

2015/10/23
サイバーのメンテナンス記事を掲載しました。サフィーナもほぼ同じですので参考になりましたら幸いです。
1,700円で買ったOKUMAのスピニングリールをメンテナンスしてみた。

 

商品名:サフィーナ1000~10000
メーカー:okuma(オクマ)

【良い点】
・お手頃な値段
・気持ちいい巻き心地
・サブのリールとしては充分な性能
・サイズが豊富

【悪い点】
・ラインに癖がつきやすい


LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

家電infoは家電業界に携わるスタッフが立ち上げた「電化製品を中心に身の回りの物など気になる商品のレビューや情報をお届けする」サイトです。 別名物欲info。
レビュー 男性 三十代 独身 ニュース 家電 既婚 小物 シャープ スマホ キッチン bluetooth デジカメ 釣り パナソニック イヤホン 四十代 SoundPEATS シマノ コラム 五十代 女性 安い ヘッドフォン ソニー オリンパス Apple Music おもちゃ リール Android NETFLIX #家電あるある 冷蔵庫 キーボード 便利 iPhone 洗濯機 ASUS 比較 二十代 kddi ドコモ au 象印 主婦(子持ち) 炊飯器 LED 照明 Zenfone2