シマノの新しい汎用リール セドナ2500Sで人生初のPEラインを使ってみた。

LINEで送る
Pocket

ラインはナイロンで充分!?

 

そう思っていた時期が僕にもありました。

つい先日までのことです。

釣り糸はナイロンしか使ったことが無かった僕ですが最近ちょい投げでハゼしか釣れない日々が続いており、こうなったらちょい投げでハゼを本気で楽しもうと考えて色々調べていたところ、ネットで「PEラインならハゼの微妙なアタリもはっきり分かる」と書かれているページを見つけました。

ナイロンラインで仕掛けを投げているとハゼが掛かってもアタリが分かりにくく巻き上げたら結果としてハゼが釣れていたというのが多くて釣り上げても楽しさ半分みたいな状況でしたので、PEラインを使うことでアタリが分かるようになればもう少し楽しくなるのでは?と思いすぐにPEラインの購入を決断しました。

 

竿を新調?スプール交換?リールも新調?

 

PEライン導入を決断したのはいいのですがPEラインを使うには専用のガイドが使われている竿を使わないとガイドが削れてダメになってしまうこと、またナイロンに比べてラインが細くなるのでスプールに巻ける量が少なくなるのでリールも専用の浅いスプールか通常のスプールに下糸を巻いて底上げする必要があるというのを知りました。

もちろんこれまでPEラインを使ったことがないのでPEラインに対応したリールも竿も持っていません。

竿もリールも買い揃えるとなるとちょっと高くつくなぁと考えていましたが、竿に関してはPEラインを使っていても数回の釣行でダメになるわけではないと知り、とりあえず今持っているもので使ってみることにしました。

リールは替えスプールが手に入りやすいエアノスXT C3000を持っているのでスプールだけ替えようかと調べてみたところ、エアノスXTには普通のエアノスの2500Sのスプールが付けられるようでかなり安く済むというのが分かりましたが残念ながら今回は時間が無かったので思い切って新しいのを買っちゃいました。

 

今回購入したもの

 

という訳で人生初のPEラインを使うべく今回購入したのは

ラインが「DUEL HARDCORE X4 150m 0.8号」
リールが「シマノ セドナ 2500S」

です。

DUEL HARDCOREのX8というのも良いと聞いたのですがそれこそ全く伸びないので逆に使いづらいこともあると聞きX4にしました。

セドナを選んだ理由は最新の汎用リールがOKUMAのサフィーナと比べてどんな感じか知りたかったからです(笑)

ということでこの二つを購入しラインを巻き終えたのが先日Twitterにアップした↓この写真です。
IMG_5207

IMG_5205

 

人生初のPEラインとPEライン用スプールが付いたリールを手にして結構テンションが高まりました(笑)

 
スポンサードリンク

 

実際に使ってみました

 

PEラインを巻いたセドナ2500Sを抱えて早速木更津まで行ってきました。
写真を撮り忘れていたので別の日のもので代用(笑)
IMG_4984

 

このポイントは先週から急に釣れなくなりだした&当日は小潮というのが少し気がかりでしたが祝日ということもあって結構混んでました。
皆さんの間を縫って真ん中のスペースに陣取って早速竿を用意して釣り開始。

手前に岩が多く少し距離を投げないといけないので竿は3.3mの柔らか目の投げ竿、仕掛けは遊動天秤と8号の錘、ハゼ針2本の仕掛けで投げてからちょいと一服。
※錘は8号ですが一応投げ竿だからかコンスタントに50mは超えました。糸の出が非常にスムーズで多分距離だけで言えばもう少し長い投げ竿&重い錘を使えばもっと出ると思います。

一服してると早速ピクピクレベルではなく結構なアタリがガンガン来ました・・・が合わせると釣れてない・・・。

投げなおして再度竿先を見てるとすぐにグイグイとアタリが。

次は合わせずに喰わせようと置いとくと竿先が大人しくなりました。
ナイロンを使ってるとこの状態で巻き上げると釣れていたということも多いのですが巻き上げても釣れておらず・・・。

そうこうしてるうちにジワーと竿がしなったので上げてみるとワタリガニというかタイワンガザミ(笑)
※最近ワタリガニの味噌汁にハマっているのでちゃんと持って帰りました。

 

結局アタリ自体は明確に分かるものの遊動天秤を使っていたので軽く合わせるというのがしづらく、ラインが張っているためかハゼが針までエサを喰い切らない感じだったので中々釣れませんでした。

 

昼過ぎからはアタリすら無くなってきましたのでそろそろ帰ろうかと思いましたが最後に遊動天秤を小さい固定の天秤に変えて投げたところ明確なアタリが!

しっかり合わせてあげてみると小さいハゼが釣れました(笑)
IMG_5217

 

結局天秤を変えてから小さいながらも何匹かハゼが釣れましたので合わせやすい仕掛けのほうがいいようです。
置き竿でやるよりもアタリがあったらちゃんと合わせたほうがいいと感じました。

多分最初から合わせやすい仕掛けで釣っていればもう少しマシな釣果だったと思います・・・。
いい勉強になりました。

最終的にハゼは全部リリースサイズだったのでこの日持って帰ったのはタイワンガザミ一匹でした(笑)

 

他と比べて使い勝手は!?

 

今回の釣行では小さいハゼとタイワンガザミしか釣れていないのでPEラインの実力は少ししか分かりませんでしたが、事前にネットで読んだ通り小さいハゼのアタリも確かに分かるようになったので良かったです(笑)

今回行ったポイントは良く根がかりするのですが根がかりしても切れるのはハリスのほうでPEラインが切れるということもなく丈夫さも充分分かりました。

 

そしてシマノのセドナ2500Sの使い勝手に関してですが、まだ一日しか使っていない状況で恐れずに言うとシンプルで使いやすいリールという感じです。

エアノスXTの後継機種ということですがまさにその通りで非常に近い感触でした。

内部のギアの配置がエアノスとは違い持った時の感覚が従来よりも軽く感じるというのが今回の売りらしいのですが同時に比べた訳ではないので正直そこまでは感じませんでした。

ちなみにOKUMAのサフィーナとの差で感じたのは巻いた感じが巻き始めはOKUMAのサフィーナのほうが軽く、巻き心地はセドナのほうが滑らかという点と、セドナのドラグ音が若干安っぽいということぐらいです。

ドラグ音はアレですが見た目の質感も良く、マシンカットのハンドルなど高級感も感じますので上位機種のサハラよりもこっちを選ぶ人が多くなるような予感がします。

正直、新しいリールと初めてのPEラインということでいつもと違い過ぎる条件のため、他と比較するにはちょっとまだ難しいのでこれからも気付いたことがあればちょくちょく追加したいと思いますが、現時点では今回使ったラインとリールは両方とも不満なく使えるものでした、という感想で〆させて頂きたいと思います。

執筆:OKG

商品名:セドナ 2500S
メーカー:シマノ
型番:03561 5

【良い点】
・滑らかな巻き心地
・質感がいい
・汎用的に使える

【悪い点】
・特に無し

 

商品名:HARDCORE X4 150m 0.8号
メーカー:DUEL

【良い点】
・細い
・軽い
・丈夫
・白がカッコいい

【悪い点】
・特に無し


LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク


関連コンテンツ

家電infoは家電業界に携わるスタッフが立ち上げた「電化製品を中心に身の回りの物など気になる商品のレビューや情報をお届けする」サイトです。 別名物欲info。
レビュー 男性 三十代 独身 ニュース 家電 既婚 スマホ 小物 bluetooth デジカメ シャープ 釣り キッチン イヤホン パナソニック シマノ 四十代 SoundPEATS コラム ソニー ヘッドフォン 五十代 安い オリンパス NETFLIX 磯竿 iPhone Apple Music Android 冷蔵庫 リール おもちゃ キーボード レンズ アプリ #家電あるある 女性 便利 ASUS 比較 炊飯器 象印 アウトドア 二十代 Zenfone2 洗濯機 LED 照明