ノイズキャンセリングで乗り過ごし(笑)Bluetoothイヤホン MDR-NWBT20N ソニー

LINEで送る
Pocket

購入条件は「通勤時に煩わしくないもの」

 

普段家ではMDR-XB950BTかBluetooth対応のスピーカーを使っていますが通勤時など外では有線のイヤホン(というかiPhoneについてる白いイヤホン)を使っていました。

これまでは有線でも別に不満はなかったのですが最近iPhone 6の大きさが邪魔になってきてiPhoneを鞄にしまう状況が多く、その結果有線のケーブルが非常に煩わしくなってきました。

そこでMDR-XB950BTを外でも使おうかと考えたのですが通勤後の収納時にしまえる大きいカバンが無かったことから断念(笑)、今回は収納も考えてヘッドホンではなく新たにイヤホンを購入することに決めました。

今回の購入条件において最優先なのは「通勤時に煩わしくない」ことなのでBluetooth対応を第一とし、音質は二の次でAAC/apt-x非対応のものも選択肢に入れて検討しました。

 
 

久々のイヤホン購入で迷いに迷う

 

これまでヘッドホンはちょくちょく買っていたのですが実はイヤホンを最後に買ったのはカナル型が流行る前までさかのぼるぐらいでして・・・いざ調べてみても色んな機能やら形やらがあり、中々これ!というのが決めれませんでした。

結果、迷いに迷った挙句たまたま「ノイズキャンセリング」という単語を目にした時に「通勤時に煩わしくないもの」という最初の動機を思い出し、「Bluetooth&ノイズキャンセリング&バッテリー長持ち」なら通勤時に煩わしくないのでは?と考え、その3つのキーワードを絶対条件にして再度検討した結果、ちょっと古めですが現行(のはず)のソニーの「MDR-NWBT20N」を見つけました。

6,000円前後のお手頃価格にも関わらずノイズキャンセリング付、Bluetooth対応で連続再生はNC有効時8時間、無効時9.5時間とイヤホンにしてはまずまずなスペック。

AAC/apt-xは非対応、マイクもないのでハンズフリー通話も出来ませんしヘッドフォン型に比べてバッテリーも持ちませんが今回の購入目的には沿っていると判断してその日のうちにヨドバシカメラへ行って購入しました。

 
スポンサードリンク

 

人生初体験

 

購入後、家に帰ってすぐに充電して説明書も読まずにiPhoneとペアリングしましたが何の問題もなく繋がりましたので早速視聴開始。(ペアリングボタンが無かったので電源長押しだろうとやってみたら正解でした(笑))

ちなみにイヤホン派の人にはビックリされるかもしれませんが僕にとって「カナル型のイヤホン」と「ノイズキャンセリング」は共に初体験でしたので実際に使ってみるまでちょっと不安でしたがそんなことは杞憂でした。

まずは人生初のカナル型を体験してみた感想ですが普通のイヤホンだと装着感がゆるく音の聞こえ方も安定しませんがカナル型だとある程度の揺れではびくともしないぐらいしっかりフィットするので音の安定感が半端じゃないです。

密閉度が非常に高く細かな音もはっきりと聞こえるので普通のイヤホンとは曲の聞こえ方が全く違います。
音質は低音から高音まで全体的にはっきりと出ており非常に素直な音という印象を受けました。

またノイズキャンセリングを有効にすると周りの騒音が一気に気にならなくなるのでかなり効いていると思います。
歩いている時に無音状態になると少し風切音が聞こえますが曲が始まると聞こえなくなります。
これが普通なのか異常なのかは比較対象が無いため判断できませんが僕自身は特に気にならなかったです。

毎日通勤時に地下鉄に乗っているのですがこのイヤホンを使っていると駅のアナウンスが聞こえないためかなり焦ります(笑)
まだ乗り過ごしたことはありませんが正直そのうち乗り過ごす自信があります(笑)

 
 

その他使い勝手など

 

NFCはまだ試していませんが通常のBluetoothのペアリングはiPhone(iOS8.4)とAndroid(4.4.2)で何の問題もなくスムーズに出来ました。
普段からBluetoothを使っている方は特に迷うことは無いと思います。

ちなみに一度ペアリングするとiPhoneがロック状態でもMDR-NWBT20Nの電源を入れて再生ボタンを押すだけで音楽が聴けます。
多分iPhone付属のリモコンと同じ挙動と思いますが最後に聴いていたアーティストやアルバム、プレイリストが再生されるので非常に便利です。

外観はボタンが多くメカメカしくて格好いいです(笑)
コンパクトな本体にボタンが沢山付いてますので慣れるまでは操作しにくいと思いますが慣れてくるとボタンの多さが逆に使いやすくなります。

レシーバーとイヤホンは取り外せますのでイヤホンだけ付け替えることも可能です。
ただしその場合ノイズキャンセリング非対応のイヤホンでは当然ながらノイズキャンセリングは使えません。

重量は微妙な重さで、僕のように通勤時に使うのであれば特に気になることはないと思いますが、ジョギングやスポーツ時に使うとなるとちょっと重く感じるかもしれません。
また非防水なのでスポーツ用途には使わないほうがいいかもしれません。

ちなみに充電中は使えなくなりますが特にその状態で使うことは無いため僕にとってはマイナスポイントではありませんでした。

 
 

他と比較はしていないのでレビューとしては…

 

実際に使ってみた感想はこんな感じで現時点では価格も含めて全体的に満足行く品物だったと感じております。

ただし何度も言いますがカナル型とノイズキャンセリングの両方とも初体験なため、それぞれの効果のほどというか他と比べてどうなのか、という点に関しては何とも言えません(笑)

明確に言えるのはカナル型が伊達じゃなく通常のイヤホンとは音の聞こえ方が違う、ノイズキャンセリングもオンオフするとはっきりと効果が分かる、ということぐらいでしょうか。

ですので普段からカナル型やノイズキャンセリング付のイヤホンを使われている方にお勧め、というよりも僕同様どちらかを初めて経験する人にお勧めです(笑)

執筆:OKG

商品名:ワイヤレスノイズキャンセリングレシーバー MDR-NWBT20N
メーカー:ソニー
型番:MDR-NWBT20N/B

【良い点】
・手頃な価格でノイズキャンセリング付
・イヤホン型でBluetooth対応なのに良く持つバッテリー
・ボタンが多いので慣れると操作しやすい
・イヤホン側を取り換えられる
・素直な音

【悪い点】
・レシーバーも含めると少し重い

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク


関連コンテンツ

家電infoは家電業界に携わるスタッフが立ち上げた「電化製品を中心に身の回りの物など気になる商品のレビューや情報をお届けする」サイトです。 別名物欲info。
レビュー 男性 三十代 独身 ニュース 家電 既婚 スマホ 小物 bluetooth デジカメ シャープ 釣り キッチン イヤホン パナソニック シマノ 四十代 SoundPEATS コラム ソニー ヘッドフォン 五十代 安い オリンパス NETFLIX 磯竿 iPhone Apple Music Android 冷蔵庫 リール おもちゃ キーボード レンズ アプリ #家電あるある 女性 便利 ASUS 比較 炊飯器 象印 アウトドア 二十代 Zenfone2 洗濯機 LED 照明