【さらに更新】Hulu&dTVを使ってる(た)ユーザーとしてNETFLIXの日本サービスインに期待すること – 家電info

LINEで送る
Pocket

2015/9/2追記
どうやら一日早く昨日の時点で突然サービスインしたらしく昨日の夜中に登録しましたが一番期待していたタイトルは配信されていませんでした(泣)
※何に期待していたかは・・・この記事の一番最後に書いてます。

でも他にもNetflixでしか配信されていない観たいタイトルが幾つもあったので当分楽しめそうです。

ざっと見た感じですが海外ドラマに関しては現在僕がハマっている「24」がシーズン2までしか無かったのでその点ではHuluの勝利(笑)
サービスイン直後なので色々準備しているところだと思いますが海外ドラマは今のところHuluのほうが配信話数が多いかもしれませんね。

映画に関してはHuluには無い「二〇三高地」「プライベート ライアン」「アメリカン・ヒストリーX」「ゴッドファーザー1・2(3は無し)」あたりが僕には嬉しかったです。

アニメはあまり見ないので詳しくないのですが完全に個人の趣味で言うとHuluで配信されている「キング・オブ・ザ・ヒル」が配信されていないのでちょっと残念、といったところです。

まだまだタイトル数が少ない印象ですが海外の配信数を考えるとタイトル数に関しては今後怒涛の勢いで増えていくと思います。

 

なお登録時にクレジットカードの番号を間違えて何回かボタンを押しまくっていたらいつまでたっても「申し訳ありません。リクエストを処理できません。しばらくしてからもう一度お試しください。」と表示されて次に進まない状態になってしまいました。

結局別のアカウントを作って3,000円のVプリカを登録したPaypalで試したところあっさり登録出来ました。

この方法であればクレジットカードを持っていない人でもPaypal&Vプリカで支払うことが可能です。

ちなみに直接Netflixのクレジットカード決済にVプリカを登録しても拒否されました。
Paypal経由じゃないとダメなようです。
支払い方法の登録に関してはこちらに詳細をまとめました

2015/10/3追記
昨日Paypalからの通知で無事にNetflixの月額料金が引き落とされているのを確認しました。
金額はスタンダードなので950円プラス消費税76円の1,026円でした。
これでクレジットカードが無い場合や、Netflix専用プリペイドカードが近所で売っていないという方もNetflixを楽しむことが出来ますね。
 
2015/9/14追記
Vプリカ&Paypalの場合、登録だけ出来てその後有料になった時に継続利用出来なくなる可能性があります。
まだ無料期間中のためはっきりとは分かりませんが無料期間終了後に再度報告させて頂きますので心配な方はちょっと様子見して頂いたほうがいいかもしれません。
「とりあえず無償期間中だけでも使えたらOKで継続出来なくてもVプリカの残高は他のことに使う」という方はこちらの方法で試してみて下さい。
 
 

2015/8/24追記
8月24日、ついに日本での月額料金が確定したそうです。
プランがベーシック(SD画質)/スタンダード(HD画質)/プレミアム(4K画質)の3つ用意されるようです。
月額料金はそれぞれ650円、950円、1,450円とのこと。

ちなみに一アカウントで同時に視聴できる数がベーシックは1つ、スタンダードが2つ、プレミアムが4つとそれぞれ違ってきます。

プランごとに一つのアカウントで同時に視聴できる数や視聴できる動画の画質が変わるのが特徴的ですね。
初月無料のキャンペーンも展開されるようですので課金前に自分にあったプランを確かめることも出来そうですね。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150824_717441.html(AVウォッチ)

 

2015/8/4追記
日本でのサービス開始が2015年9月2日に決まったそうです!

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6169401(Yahooニュース)

 

では前置きというか追記が長くなりましたが本編をどうぞ(笑)

 

NETFLIXとは

 

NETFLIXがいつのまにかこんなページを用意していたのでメアドを登録しておいた。

 

NETFLIX 日本公式
https://www.netflix.com/jp/

 

2015年の秋に日本でもサービスインするという噂のNETFLIXですが、すでにサイトのほうはある程度準備が出来ているらしく、サービス開始時にメールで連絡が受けられる状況になっていました。

 

とここでNETFLIXとはなんぞや、という人に簡単に説明すると全世界で会員数6000万人、売上15億ドルを誇るアメリカ発の月額制動画配信サービスです。

元はオンラインDVDレンタル事業から始まった(今も展開中)会社で、その後動画配信を開始したのですが今や既存の映画やテレビ番組だけでなくオリジナルコンテンツも拡充してきており、

”米国の全ネットトラフィックを見ても、夕方のプライムタイムの時間帯のダウンストリームトラフィックの30~35%がNETFLIX”
http://av.watch.impress.co.jp/docs/topic/20150220_689236.html(AV Watch)

という規模にまで成長したとんでもない会社です。

 

NETFLIXの日本に対する気になる戦略

 

アメリカをはじめ世界中で支持されているNETFLIXですが現段階では日本国内における価格やラインナップなど一切不明な状態です。

日本国内で現時点での2TOPと思われるdTVが月額500円(税抜)、Huluが月額933円(税抜)なのでそれに近い価格じゃないと後発の日本では厳しいのかなという感覚ですが、NETFLIXのアメリカでの価格設定が一番安いプランで8.99ドル(1,096円、1ドル122円換算)のため大体似たような感じで1,000円前後になると予想すると価格面ではdTVにはちょっと及ばないという感じもします。

またコンテンツ面ではタイトル数がHuluは1万、dTVが12万と言われていますが対してNETFLIXは大体5~6万と言われているので単純な数だけではdTVには敵わない状況です。(数に関してはタイトル数と動画本数が混同されているかもしれません)

コンテンツの内容を見てみると、Huluは海外ドラマが充実、日本のテレビコンテンツやアニメはHulu・dTVともにかなり充実してきているのに対して、NETFLIXは高い評価を得ているオリジナルコンテンツが充実している、とはいえ日本語へのローカライズなど未知数の状況です。

現時点ではNETFLIXに世界での実績がいくらあろうとも日本で成功するかどうかは全く読めないと思います。

このような状況に対してNETFLIXは

「日本には3,600万世帯のブロードバンド環境がある。米国では4,000万弱の加入世帯があるが、市場規模としては米国に続く規模がある。日本で展開している多くの先行サービスなどを参考にし、学びながら、やるべきことをきっちりやって、日本展開を進めていく」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/topic/20150220_689236.html(AV Watch)

と述べていることからローンチ時の大がかりな仕掛けで一気に勝負に出る、という感じではなくじっくりと日本市場を分析しながら事業を展開してくる気がします。

もちろんローンチ時に何かしらウリは用意してくると考えられますが、先日発表されたフジテレビとのオリジナルコンテンツ制作合意に関しても、ローンチ時に用意される番組は「テラスハウス」の新作など2タイトルほど、ということなのでそこまで一気にシェアを奪おうという戦略ではないと思います。

日本上陸の「Netflix」、フジテレビと合同会見、オリジナルコンテンツの制作・供給で合意(Internet Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20150617_707401.html

 

近年大がかりな仕掛けをしつつも加入者が伸びずに数年、早ければ数か月で終了してしまうオンラインサービスが多いため、どちらかと言えばじっくりと市場を開拓していくサービスのほうが好感を持たれることが多いと思いますが果たしてNETFLIXはどうなるでしょうか。

 
スポンサードリンク

 

ちなみに・・・

 

僕はこれまで月額制の動画配信サービスはHuluとdTV(当時はdビデオ)、レンタルはGoogle Playを利用してきましたが、dTVはすでに退会済みです。

dTVを退会した最も大きな理由は当時のアプリの使い勝手が非常に悪かったことと、僕が興味のあったタイトルに関してはHuluと大して差が無かったことが挙げられます。

対してHuluを続けている理由はというと・・・TOP GEARがいつでも見られる、という点に尽きます(笑)
※しかしTOP GEARそのものがゴタゴタでどうなるか良く分からない状況なので今後Huluを続けるかどうかは未定。

実際にはHuluもChromecastに対応するまでは契約しているのも忘れるぐらい使っていませんでしたがChromecastに対応してからは快適に視聴出来ているので利用頻度も格段に増えました。
※ちなみにdTVのほうがHuluよりも早くChromecastに対応しましたがそれでもアプリの使い勝手が馴染めず使い続けられませんでした。

 

※2015/7/1 19:45追記
Google TrendsでNETFLIXとHuluを比べてみました。

■日本の場合はこういう感じですが・・・。

 

■アメリカの場合は逆になります。

 

■世界でも同様、且つNETFLIXは伸び盛り

 

Googleでの検索数がそのまま各サービスの差になるわけではありませんが圧倒的なグラフです。

 

NETFLIXの勝算

 

上ではあくまで個人的な例を挙げましたが、ユーザーが月額制動画配信サービスを「継続」するための条件としては「価格」よりも「見たいコンテンツがあること」と「使い勝手が良い(悪くない)こと」が求められると思っていますがいかがでしょうか。

NETFLIXはその点を踏まえて他社と差別化を図るべくオリジナルコンテンツを拡充するとともに、利便性の面ではNETFLIX対応のテレビを作る場合はリモコンにNETFLIXを立ち上げるためのボタンを用意させています。

パナソニック、高輝度IPSパネル+NetflixのフルHDテレビ(AV Watch)
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150217_688652.html

 

東芝、パナソニック、シャープ、ソニーの大手4社が今年1月以降に日本で販売する「4K」テレビには、すべてこのボタンがついている。(Yahoo Japanニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150618-00000008-wordleaf-sci

 

海外でも同様の戦略で進めているようですが、この戦略は非常に面白いと思います。

NETFLIXからすれば対応テレビが売れれば売れるほど潜在的ユーザーを獲得できるし、使う側からすればスマホから操作して~など面倒な手順抜きでリモコンからワンボタンで簡単に操作出来る、NETFLIXがテレビの一チャンネルとして使うことが出来るようになりますので利便性という意味ではこれ以上のものはないと思います。

現段階でもYoutubeやHulu、その他様々なサービスに対応したテレビは発売されていますが、専用ボタンというのはあまりありませんので他社のサービスに対して非常に強いアドバンテージになると思います。(勿論他社も真似てくると思いますが)
この戦略をサービスイン前から仕掛けてくることにNETFLIXの強い自信が伺えます。

はっきりいってテレビのリモコンに専用ボタンを付けた、それだけで勝算は高いと思いますが、対応テレビが日本で普及するまでは時間が掛かると思われるのでやはりNETFLIXは短期間ではなくどっしりと腰を据えて勝負しようという姿勢が見て取れます。

 

動画配信サービスは過渡期

 

今回ここでHuluとdTVを既存サービスの例として挙げましたが、日本国内ではこの2つ以外にも月額制動画配信サービスとしてU-NEXTやビデオパス、UULAなどがあります。

それぞれに配信しているタイトルやサービス内容に違いがありますがはっきり言って前述の2つも含めて現状ではどれも決定打に欠けていると思います。(U-NEXTがやってるアダルトは決定打かもしれませんがちょっと置いといて…)

他もやっているからやる、他に美味しいところを持っていかれるのが嫌だからやる、既存のコンテンツを再利用するだけでサクッと小銭が稼げるからやる、的な考えが若干見え隠れするサービスもあり、動画配信で生活スタイルを変えてやる!などと考えているところがあるのどうか傍からはさっぱり分かりません。

現状どんぐりの背比べ、もしくは帯に短しタスキに長し状態ですが、ここからはコンテンツの拡充、使い勝手の向上にどれだけ投資出来るのかが勝負の分かれ目になるでしょうから、その点で世界中で会員を増やしているNETFLIXには強みがあるのかもしれません。

※大赤字を垂れ流しながらも運営を続けているこちらから一気に資本を引き揚げてdTVに注力すれば一気に動画配信の世界を変えられる気もしますが、あちらはあちらで狙いがあるのかもしれませんのでそういう訳にもいかないのでしょうね。

 

ともあれ現時点では動画配信サービス自体がまだまだ過渡期&普及段階のため、各サービスとも他との差別化を図るのが難しい状況かもしれません。
だからこそユーザーの判断材料を増やすためにもNETFLIXを含め各サービスが自分達の方向性をキチンと示して、我々ユーザー側に動画配信サービスの今後のビジョンを見せて欲しいですね。

 

NETFLIXに期待すること

 

日本市場に対して外堀を埋めるかのようにじっくりと歩を進めるNETFLIXに対して業界内外からも熱い視線が注がれていますが、既存の動画配信サービスを使っている一ユーザーの僕が期待することはただ一つ

 
 
 
 

「新スタートレック」を吹き替え版で全話配信して欲しい!

 
 

ただそれだけです。

 

これが言いたいがためにそれっぽく長々と書きました、すいません。
だってどこもスタートレックはないんです、スタートレックは。

↓この記事を読む限りHuluもやってくれるかもしれませんが…。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/rt/20150410_696894.html

 

散々長い文章を書いて稚拙なオチで申し訳ございませんがここまで読んで頂き有難う御座いました。

では長寿と繁栄を。

 

2015/9/2追記

Netflixでも新スタートレックは配信されていませんでした・・・。

※映画版の「スタートレック」「スタートレック イントゥダークネス」はありました。

 

執筆:OKG

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク


関連コンテンツ

家電infoは家電業界に携わるスタッフが立ち上げた「電化製品を中心に身の回りの物など気になる商品のレビューや情報をお届けする」サイトです。 別名物欲info。
レビュー 男性 三十代 独身 ニュース 家電 既婚 スマホ 小物 bluetooth デジカメ シャープ 釣り キッチン イヤホン パナソニック シマノ 四十代 SoundPEATS コラム ソニー ヘッドフォン 五十代 安い オリンパス NETFLIX 磯竿 iPhone Apple Music Android 冷蔵庫 リール おもちゃ キーボード レンズ アプリ #家電あるある 女性 便利 ASUS 比較 炊飯器 象印 アウトドア 二十代 Zenfone2 洗濯機 LED 照明